大学の保健室で働くためには養護教諭の資格は必要?

小学校や中学校の保健室で働くには、養護教諭の資格が必要になりますが、大学の保健室で働くには養護教諭の資格は必要ありません。求人情報にも、記載されているのは保健師か看護師の資格だけになっています。仕事内容については、企業の医務室的な側面を持っているかどうかの違いのほか、子供を対象としているかどうかの違いが大きいのだと考えていいでしょう。小学校や中学校で働くことになると、児童、生徒などの成長過程における多感な時期を一緒に過ごすことになるからです。

 

そして、小学校や中学校の保健室で働くために必要な養護教諭の資格というのは、看護師・保健師資格者でも取得が可能になっています。文部科学省が定める単位を指定の教育機関で修了すれば、各都道府県の教育委員会に申請することで養護教諭2種の免許を受け取ることができます。1種免許を取得するためには、そこからさらに必要単位を修了しなければいけません。就業先の選択肢の幅が広がりますが、大学のみを希望しているならば、無理をして取得する必要はありません。

 

また、大学の保健室で働く看護師や保健師の仕事というのは、学生の相手だけではなく教職員も対象となっています。ですから、日常的な救急対応だけでなく、健康管理や衛生指導なども、大人を相手に行っていくことになるのです。小中学校で問題になっている不登校やいじめの問題が、大学になると人間関係の問題として出てくるケースもあります。学生の相談相手になるときには、その点についても対応していくことになるのです。