大学の保健室で働く看護師・保健師の役割

大学の保健室で働く保健師や看護師の仕事というのは、一般的な学校の保健室のイメージとそう遠くはありません。怪我の応急処置や具合の悪くなった人の対応をすることになると言えるでしょう。しかし、小学校や中学校と比べて、大学の保健室の場合は教職員の健康管理も担当することになるので、企業の医務室的な役割も持っていると考えることができます。ですから、小中学校の保健室と、企業の医務室を合わせたような仕事内容だと言うこともできるでしょう。

 

そして、大学の保健室で働く保健師や看護師というのは、メンタルケアの担当をしていくこともあります。最近では、とくに重要視されている分野であり、様々な相談を受け付けることになると考えていいでしょう。人間関係の悩みなどを相談してくるケースもあるようです。メンタルヘルスケアに関しては、病院勤務では専門に行ってこなかった分野だという人もいるはずです。しかし、それまでの経験を活かしながら対応していくことが求められるのです。

 

また、大学の保健室で働く看護師や保健師の役割というのは、臨床心理士やカウンセラーと連携をする必要があるケースも考えられます。メンタルケアに関して、専門のスタッフを配置している学校もあるからです。そのほか、学生や教職員に対して衛生や健康に関する指導を行っていく立場となっていますし、定期健康診断を実施するときには、その日程の調整から担当すると考えていいでしょう。1人が受け持つ仕事が多く、コミュニケーション能力も必要な職場だと言えるでしょう。