東京都内で探す大学保健室の看護師求人・募集

東京都にはお茶の水女子大学、東京大学、東京医科歯科大学、東京芸術大学を始めとする国公立大学や、青山学院大学、駒沢女子大学、上智大学を始めとする120以上の私立大学が点在しています。全ての大学ではありませんが、このような大学には保健室や保健管理センターが設けられていて、ここでは全ての教職員、および学生の健康管理面をサポートする多くの看護師の方々が働いています。

 

東京都は日本の首都であり、上述のように多くの大学を抱えていますので、それだけ他の地域よりも大学の保健室の看護師求人も多くなっています。ただ、東京都は日本最大の人口を誇る地域ですから、求人数が多くても応募する看護師の方もとても多くなります。故に競争率が激しいという現状があることはご承知おきください。

 

早稲田大学や杏林大学で保健室勤務の看護師の求人を出していますが、看護師の業務内容は、教職員・学生の健康管理、健康予防指導、健康相談業務となっていて、他に緊急的な怪我や病気に対する処置なども含まれています。中には派遣という形態の求人もあるようですね。このような派遣では、ある期間派遣社員として勤務した後正式に職員として採用されることになります。大学の保健室勤務を目指している看護師は積極的に派遣というスタイルも利用されるといいでしょう。

 

東京都では、他にも多くの大学が看護師の求人を出す可能性がありますが、教職員や学生の健康管理と言っても、その業務内容は多岐に渡るものです。近年、大学保健室の看護師には、体調面での健康管理よりも精神的な部分での健康相談のようなカウンセラー的な業務が増える傾向にあります。学生は年齢的なことから、普通の社会人とは違った心の問題を抱えているものです。看護師はこのような若者に対応しなければなりませんので、自身が持っている看護職の知識・技術にプラスしてカウンセラー的な技術も取得しておくと、採用では有利になるかもしれませんね。

 

大学の保健室勤務は日勤という業務で、看護師の方々にもとても人気があります。東京都で大学の保健室勤務を望んでいる看護師は、自己アピール点を明確にし、またアピールできるもの・ことを増やして求職活動をしていただければ、と思います。