大学の保健室に採用されるためのアピールポイント

看護師の場合

大学の保健室で働きたいと考えている看護師は、自分のアピールポイントを考えておくのがいいでしょう。それまでの職場での経験のなかで、新しい職場でも活かせるものがあれば、それを積極的にアピールすることになります。保健室での仕事を考えれば、外来での業務や臨床経験によって評価が変わってくることもあります。学校勤務が未経験の人でも、それまでの現場での経験が豊富であることが重要になるのだと考えていいでしょう。

 

そして、大学の保健室で働きたいと考えている看護師がアピールしておきたいことのなかには、性格についても含まれていると言えます。なぜなら、学生や教職員など、多くの人を相手にしていくことになるので、コミュニケーション能力というのも重要な要素になるからです。人付き合いが苦手だという人よりも、相手とのコミュニケーションにおいて聞き上手であること、話し上手であることが求められる職種なのだと考えられるはずです。

 

また、大学の保健室で働きたいと考えている看護師には、パソコンスキルも必要になってきます。データの入力や情報管理、報告書の作成などは、すべてパソコンで行うことも多くなっています。たいていはフォーマットが用意されているので、そこに打ち込んでいくだけになりますが、それでも基本的な操作ができることが前提となっています。使うソフトには専門的なものはありませんが、MOSなどを取得していればアピールポイントになると言えるでしょう。

 

保健師の場合

大学の保健室で働きたいと考えている保健師は、職場によっては看護師とは違う役割となることも想定しておかなければいけません。看護師の場合は、常勤の医師をサポートする仕事を担当するケースもありますが、医師が常駐していない学校では保健師などが1人ですべてに対応していくことも考えられるからです。ですから、それまでの職場での知識や技術というのが大きなアピールポイントになると言えるでしょう。とくに保健衛生の分野で指導経験などがある場合は、それが活かせる場面もあると考えられます。

 

そして、保健師が大学の保健室での勤務をする場合には、病気やケガの対応はもちろんのこと、メンタルケアについても求められることがあります。そのときには、保健所や保健センターなどでの勤務経験が活かせることもあります。臨床経験やコミュニケーション能力といった点についてもアピールをしておきたい部分だと言えるでしょう。それまでの職場でどれだけの人と接してきたのかも、多くのケースに対応してきたというアピール要素となるのです。

 

また、大学の保健室で働きたいと考えている保健師のなかには、それほど経験が豊富ではないという人もいるでしょう。そうした場合でも、まったく採用の見込みがないというわけではありません。経験を重視して優先的に採用したいという求人もありますが、そうではないケースもあるからです。知識や技術が足りないと考えている人は、看護師転職サイトのコンサルティングを受けてみるのもいいでしょう。あるいは、紹介予定派遣の求人を探すというのも1つの手です。