埼玉県内で探す大学保健室の看護師求人・募集

埼玉県は、関東地方において東京を含む7都県に隣接していて、非常に利便性の高い県になっています。故に人口も多く、大学にいたってはおよそ60校にも上る大学が県内に点在しています。大学には保健室や健康管理センターが設置されている場合がありますが、このような大学での健康管理業務全般は、看護師の方々にとても人気があります。埼玉県での全ての大学が保健室を置いているわけではありませんが、保健室を設置している大学は看護師の求人を随時出しています。

 

埼玉大学、埼玉県立大学、城西大学、東京国際大学、東洋大学、武蔵野学院大学を始めとする県内の多くの大学が保健室を設置していますね。看護師は校内の保健室に勤務し、学生・教職員の健康診断、健康指導・予防、健康相談、応急的な怪我や病気の処置などを行いますが、その業務内容は多岐に渡っていて、意外に煩雑なものであることは知っておいた方がいいかもしれません。求人を見ても、看護師が事務的な業務を行う場合も多く(健康診断、治療などのデータ管理)、ワード・エクセルなどの基本操作は習得しておきたいものです。

 

埼玉県東松山市の大学での看護師求人を見てみると、保健室の年間利用者は4000人にも上り、緊急対応者は年間約30件と記載されています。学生・教職員に対する健康管理業務全般、診療介助、緊急時の対応、各種健康診断の実施などが業務内容ですが、看護師2名体制で日々産業医の診察も行なっている大学です。保健活動などが未経験な看護師も応募OKとのことなので、このような求人に該当するような方は現場でいろいろ学んでいくチャンスになるのではないでしょうか。

 

実はこの求人は紹介予定派遣になっています。紹介予定派遣とは、ある期間派遣で働いた後は正職員として採用されるという近年人気のある勤務スタイルです。前述の求人は紹介予定派遣でスタートし、派遣期間終了後は嘱託職員としての採用になっています。紹介予定派遣は看護師専門の転職サイトで行っていますので、関心のある方は情報収集してくださいね。

 

さて、埼玉県の大学保健室勤務の看護師求人においては、看護師の離職率の低さなどから絶対求人数はとても少ないという現状にあります。故に、求人が出ても「レアな」とか「稀に見る」という表現がよく使われます。大学保健室勤務を目指している看護師は大変な部分もあるかと思いますが、情報をより多く収集し、応募できるチャンスを作っていってくださいね。