神奈川県内で探す大学保健室の看護師求人・募集

神奈川県の人口は900万人を超え、今や一千万にも到達しそうな感があります。そして、180万を超える横浜市、73万人にも上る川崎市を始めとする人口の多い年を抱えている県です。また経済面においては、神奈川県は工業団地なども多く、様々な工業が盛んな県でもありますね。このような神奈川県には大学も多く、大学内に保健室、あるいは健康管理センターを設置している大学も存在します。このような大学の保健室に勤務するのも看護師の一つの選択肢となっています。大学の数は短大も含めると70校くらいになるようですね。

 

横浜市立大学、神奈川大学、帝京短期大学、横浜国立大学、國學院大学などを始めとする多くの大学が保健室を校内に設置していますが、数例挙げて大学の保健室勤務の看護師についていろいろ見ていきましょう。

 

横浜国立大学では保健管理センター勤務の看護師求人を出していましたね。非常勤での募集でしたが、日給1万540円〜1万1490円で8:30〜17:15という勤務時間。土日は完全休日という内容の求人でした。業務内容は各種健康診断・診療業務における医師の補助、健康相談・指導・予防、診療・健康診断結果の整理、集計作業など。給与的にはそれほど高いという感じをありませんが、安定したものをお望みの看護師には良い求人例なのではないでしょうか。

 

國學院大学ではアルバイト職員としての求人を出しているようです。雇用期間は6ヵ月ほど、週3〜4日程度の勤務になっています。仕事の内容は学生・教職員の疾病応急処置、健康相談、事務作業などで多くの大学保健室の業務とそう変わりませんが、雇用に関しては次年度更新の可能性ありということなので、このようなアルバイト的なものから入って安定的な勤務を目指すのも一つの方法かと思います。

 

2件ほど求人を挙げてみましたが、どちらとも大学のHPでの公開募集になっています。神奈川県の大学保健室勤務の求人は、常に出回っているわけではありませんし、その数自体もけっして多いものではありません。そして、求人が出るとかなりの数の応募が予想されるのが大学の保健室勤務なのです。大学の保健室勤務を目指している看護師は、まず情報に関して常にアンテナを張っておくことがとても大切になると思いますよ。