鹿児島県で探す大学保健室の看護師求人・募集

鹿児島県には、鹿児島大、鹿児島国際大、鹿屋体育大、第一工業大、志學館大、鹿児島純心女子大の6つの大学があります。大都市圏に比べて数は少ないものの、保健管理センターや保健センター(保健室)を設置して、複数名の看護師や保健師が常駐している大学もあります。こうしたことからも求人・募集が見込める地域となっています。鹿児島市をはじめ、鹿屋市、霧島市など県内の拠点都市が、求人・募集の中心になるといえるでしょう。

 

保健管理センターを設置している鹿児島大では、理系の学部が多くなっています。学内に寝泊まりして実験している学生も多く、健康管理面でのアドバイスが求められるでしょう。また、9,000人近くいる学生の約半数が、県外から入学してくる学生となります。初めてのひとり暮らしなどで、環境の変化から、心配や不安を抱えている学生も少なくありません。精神面での支援が必要になってくるでしょう。学内にある保健管理センターでは、看護師や保健師のほかに、医師やカウンセラー、ソーシャルワーカーが在籍しています。近年の大学保健室では、学生に対する健康相談やメンタルヘルスケアに力を入れるところが多くなっていますが、心の問題においては、複雑で取扱いに注意を要する場合があります。医師やカウンセラーなどの専門家とも連携しながら業務を進めていく必要があり、求人・募集では、こうした連携を可能にするコミュニケーション力も求められるでしょう。

 

ケガや急病に対する応急処置は、保健室の重要な業務のひとつですが、鹿児島大や鹿屋体育大の保健管理センターは、診療所としての機能もあり、内科などの診察や、尿、心電図、心エコー、筋エコーなどの検査も行います。医師も在籍しており、こうした業務では、一般の診療所やクリニックの勤務に近い感覚があるかもしれません。

 

鹿児島県の大学保健室は上記の2つが規模も大きく、中心的な存在となっていますが、今後の必要性に応じて設置を検討しているところもあります。情報を常に集めておくようにすることも、また重要です。