茨城県で探す大学保健室の看護師求人・募集

茨城県には、筑波大、茨城大、流通経済大、常磐大、つくば国際大など10余りの大学があります。大都市圏ほど数の上では多くはありませんが、保健室を設置しているところが多く、看護師・保健師の求人・募集を見込むことができます。水戸市周辺や、土浦・つくばなどを含む県南地域に集中しており、こうした地域が、求人・募集の中心になるといえるでしょう。

 

茨城県は、東京方面へ向かう以外の公共交通機関が乏しく、県内の移動は自家用車に頼る車社会です。こうしたことからも、たとえ県内からの進学であっても、下宿をして通学している学生も多くいます。ひとり暮らしで、生活リズムが乱れてしまったり、不安や心配から、心身の調子を崩してしまったりする学生も少なくないでしょう。茨城県の大学保健室に勤務する看護師や保健師は、このような学生に対し、健康的な生活が送れるように、生活リズムを整えたり、きちんとした食生活を心がけたりするようなアドバイスをしていく必要があります。こうした学生の体調管理に関する教育も、重要な業務のひとつということができるでしょう。

 

一方で、茨城県では、いわゆる「学校の保健室」のイメージでなく、その大学ならではの特色をもった保健管理センターや健康管理センターもあります。例えば茨城大の工学部保健室では、特定化学物質や有機溶剤を使用する学生に向けての特殊健康診断も行っています。どちらかというと、製造業などにある医務室に近いイメージかもしれません。また、広大な敷地を持つ筑波大は、それ自体がひとつの街のようなもので、敷地内に関係、関連する多くの施設があります。健康管理センターでは、9,000人以上になる学生に加え、これらで働く多くの教職員の健康管理も行っていかなくてはなりません。看護師や保健師の能力に加えて、事務処理能力も求められるでしょう。

 

茨城県の大学保健室における看護師・保健師の求人・募集では茨城県の地域性に加えて、勤務を希望する大学についても調べておくことが仕事につながります。