大学保健室の求人のように転職サイトの「非公開求人」になりやすい他の職種

1.産業看護師(産業保健師)
企業の医務室や健康管理室などで、従業員の健康管理を行うのが、産業看護師(産業保健師)です。日勤のみやカレンダー通りの休みが取りやすこと、また大企業などの充実した福利厚生を受けることができることなどからも、人気がある求人のひとつで、非公開となる場合が多くなっています。

 

業務には、労働安全衛生についての知識や経験や、さまざまな業種や企業から募集があるため、その業種や職場固有の労働環境に対する理解が必要となってきます。大学保健室勤務に比べて、産業保健分野での幅広く専門的な知識や経験が必要となる仕事ともいえるでしょう。

 

2.高収入の求人
高収入が期待できる求人のなかでも、人気の高いものは、やはり非公開となる場合が多くなっています。イベントナースやツアーナース、企業や健康組合が運営するコールセンターでの夜勤専従勤務などをあげることができるでしょう。イベントナースやツアーナースは、短期、単発のものがほとんどです。夜勤専従のコールセンター勤務は、当然ながら、勤務は夜勤のみです。

 

長期的な勤務であることや、日勤での勤務である大学保健室の看護師や保健師とは、違った働き方といえるでしょう。高収入という点では、外資系企業での治験ナースなどをあげることができますが、大学保健室勤務の看護師や保健師ではあまり求められることのない、ビジネスレベルで通用する高い語学力が必要となります。

 

3.病院以外の働きやすい職場の求人
働きやすい職場というのも、看護師や保健師の転職先として人気のあるもので、非公開求人になりやすいといえるでしょう。健診センターでの勤務や、保育園の医務室での勤務などは、大学保健室の勤務同様、日勤のみや、カレンダー通りの休みが取りやすいといったこと、仕事がさほど大変でなかったり、専門性の高い特殊な職場でなかったりといった点で人気があり、非公開になりやすくなっています。

 

そのほかにも、小中高校の保健室での勤務や、看護学校の教員などもあげることができますが、前者は養護教諭の資格が必要ですし、後者は豊富な実務経験を求められる場合が多くなっています。大学保健室での勤務に比べて、資格や経験を要する仕事であるということができるでしょう。